ニュース
» 2006年03月22日 23時43分 公開

サンデーサン、ジョリーパスタなど330店舗でQUICPayを導入

JCBの推進するクレジット決済サービス「QUICPay」が、サンデーサンの系列レストランで利用できるようになる。4月17日から。

[ITmedia]

 サンデーサン、やまぎんカード、ジェーシービーの3社は3月22日、サンデーサングループのレストラン330店舗で、FeliCaを利用したクレジット決済サービス「QUICPay」(2月2日の記事参照)を導入すると発表した。4月17日から取り扱いを開始する。

 サンデーサンは、「サンデーサン」「ジョリーパスタ」「フラカッソ」などのグループレストランで、QUICPayを取り扱う。やまぎんカードとJCBはQUICPayサービスの推進にあたり、2008年に利用者500万人、利用加盟店10万店の獲得を目指す。

 QUICPayは、専用カード「QUICPayカード」または3キャリアのおサイフケータイに「QUICPayモバイル」をインストールすることにより利用できるクレジット決済サービス。JCBの発行するクレジットカードユーザーと、その家族が利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -