ニュース
» 2006年06月13日 14時44分 公開

4月の携帯出荷、3Gが引き続き好調──JEITA

電子情報技術産業協会(JEITA)が、4月の携帯出荷実績を発表。3G携帯の出荷は3月の524万台には及ばないものの、357万台を出荷するなど引き続き好調だ。

[後藤祥子,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)が6月13日、2006年4月の移動電話国内出荷実績を発表した。携帯電話とPHSを合わせた全出荷数量は429万0000台で、前年比128.9%の増加。8カ月連続で前年比プラスとなった。

 4月の携帯電話全体の出荷数は416万6000台で、前年比126.9%。その内訳は3Gの出荷台数が357万台、2Gが59万6000台で、依然3Gの出荷が好調に推移しているのが分かる。この理由についてJEITAは、多機能な新機種が引き続き好調だったためと分析している。

 PHSは前年比271.8%となる12万4000台を出荷。ウィルコムが打ち出した音声定額やデータ定額などの新サービスにより、2005年2月以降、前年同月比の大幅増が続いている。

Photo 携帯電話出荷実績の推移
Photo PHS出荷実績の推移

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -