速報
» 2006年06月29日 23時09分 公開

M1000、モバイルミドルウェア「WebSphere Everyplace Access」に対応

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エムは6月29日、統合モバイル・ミドルウェア「IBM WebSphere Everyplace Access」(WEA)と接続可能なクライアントとして、NTTドコモのビジネス向け端末「M1000」での使用が確認できたと発表した。M1000はWEA対応端末の1つとして利用できるようになる。

 IBM WebSphere Everyplace Accessは、モバイル端末とサーバ間の通信手段としてSyncML技術を利用するミドルウェア。NTTドコモ SyncML対応のメール用同期モジュールを活用し、各種グループウェアに対してメール、カレンダー、アドレス帳の同期技術を用いた環境を実現する。

 同社のグループウェア「Lotus Notes」「Domino」などのユーザーは、同システムとモバイル端末の間を無線LANや携帯電話通信網などを経由して同期が取れるとともに、企業内の電子メールやカレンダー、データベースサーバなどとのデータ通信をより安全に利用できるようになるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -