速報
» 2006年07月25日 02時39分 公開

沖電気、東洋濾機にモバイルセントレックスシステムを納入

[ITmedia]

 沖電気工業は7月24日、同社IPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100 Type M」をベースとしたモバイルセントレックスシステムを、東洋濾機製造に納入したことを発表した。システムインテグレーションおよび構築は沖ウィンテックが実施した。

 東洋濾機の本社オフィスでは、主に一般社員向けのPHS端末約200台がIP遠隔ユニットの配下に繋がっており、沖電気製の無線LANアクセスポイント「MWINS BR2102」の下に、管理職向けの「FOMA/無線LANデュアル端末」約20台が繋がる。

 MWINS BR2102にはデータ端末も同時に接続されており、IPネットワーク上でデータと音声が統合されたシステムとなっているが、これらはすべて、同オフィスに設置されたSS9100 Type Mが制御している。

 また、各部門の共有スペースには、IP多機能電話機「eおと IPフォン」約15台を採用。工場棟には広域LANと光無線で負荷分散された2系統のネットワークが繋がり、既存のPBXを有効活用しながら、PHS端末を社内広範囲で利用できるモバイル環境を実現しているという。

 今後は「FOMA/無線LANデュアル端末」の増設、工場棟の無線LANを拡張するためのMWINS BR2102の増設が計画されているほか、研究棟の新築計画に伴うネットワーク拡張も予定されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -