ニュース
» 2006年08月09日 20時44分 公開

キャリアのイメージ、ドコモは“ビジネスマン向き”、auは“若者向き”

インフォプラントのC-NEWS編集部が、各キャリアのイメージに関する調査結果を実施した。ドコモは“ビジネスマン向き”、auは“若者向き”、ボーダフォンは“国際的”という結果に。

[ITmedia]

 インフォプラントのC-NEWS編集部は、キャリアのイメージに関する調査結果を発表した。7月6日から同8日まで、小学生を除く12歳以上のインターネットユーザーを対象に実施したもので、集計回答数は500名。

 項目ごとに各キャリアの印象を問う調査では、NTTドコモのイメージについて「ビジネスマン向き」が6割半ば、「実用的」で5割半ば、「大人っぽい」が5割強、「都会的」「男性向き」がそれぞれ5割弱を獲得した。これに対し、auは「若者向き」「学生向き」がそれぞれ7割弱、「女性向き」が5割強、「可愛い」が5割弱となった。また、5割半ばの人がボーダフォンは「国際的」というイメージを持っており、この項目では他キャリアより26ポイント以上高かった。

 なおツーカーは、3割半ばが「年配者向き」と回答しているほか、「安っぽい」という項目で4割弱となっている。

Photo イメージに当てはまると思う電話会社の集計(複数回答形式)

 「かっこいい」イメージは、10代、20代ではNTTドコモがトップだが、30代以上ではauが最多となり、男女別では、男性はauがNTTドコモより4ポイント高く、女性ではNTTドコモがauを6ポイント上回っている。

 キャリア別の機能とサービスで「優れている・充実している」部分については、NTTドコモでは「決済(おサイフケータイ)」が6割強、auは「音楽」が6割半ば、ボーダフォンは「テレビ」が約4割で、それぞれ最多となった。NTTドコモではそのほか、セキュリティやバーコードリーダーなどが上位に上がり、auは料金体系、端末のデザイン、GPSなどが、ボーダフォンでは料金体系、メールなどが人気になっている。

 どのキャリアのテレビCMが好きかという質問に対しては、auと回答した男性は2割半ば、女性は3割強、NTTドコモと回答した男性は2割弱、女性は2割半ば、ボーダフォンと回答した男性は1割強、女性は1割半ばとなっている。年代別では、20代でのみNTTドコモが3割弱でトップだったが、他の年代では2割強から4割弱という割合で、auと回答する人がトップを占めた。

 auのテレビCMが好きな理由としては、「仲間由紀恵が好き」「リスモがかわいい」などの回答が多く、NTTドコモでは「ドコモダケが好き//かわいい」「KAT-TUNが出ている」などが目立ったという。

 回答者がこれまでに「利用したことのあるケータイの電話会社」は、「NTTドコモ/NTT移動通信網」がほぼ半数、「au/IDO」が4割弱、「ボーダフォン/J-フォン」がほぼ3割で、「現在利用しているケータイの電話会社」は「NTTドコモ」が4割強、「au」が3割強、「ボーダフォン」が2割強だった。

 また、最も好きなキャリアを1つだけ選んでもらったところ、10代、30代、40代、50歳以上のトップはauとなり、20代ではNTTドコモがトップを占めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -