速報
» 2006年11月14日 22時33分 公開

KLab、携帯から公共料金が支払える解析エンジンを開発

[ITmedia]

 KLabは11月13日、公共料金の請求書などで使用される特殊なバーコードを解読する携帯向けエンジンを開発し、ライセンスを開始したことを発表した。

 公共料金の請求書などで用いられるバーコードは「EAN-128」と呼ばれる国際標準規格。JANコードなどのバーコードと比べ、非常に多くの情報量を格納できるものの、携帯カメラでの読み取りは不可能とされていた。

 今回KLabが開発した携帯向けバーコード解析エンジンは、撮影画像のボケ・かすれ、カメラレンズの歪みを考慮した認識アルゴリズムを搭載し、バーコード上のバーとスペースの輝度差を自動的に補正することで、高い認識率を実現したという。

 同解析エンジンを携帯のJavaやBREWアプリケーションに組み込んで使用することで、公共料金などが携帯から支払い可能になる。現在はNTTドコモのJavaプラットフォームに対応しており、今後はauのBrewやソフトバンクモバイルのJavaプラットフォームにも順次対応する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -