ニュース
» 2007年01月26日 22時22分 公開

仏Varioptic、世界初の液体レンズ・カメラモジュールを販売

仏Variopticは1月19日(仏時間)、液体レンズ・オートフォーカスカメラモジュール「AFCM MI285」を販売開始した。液体レンズを使ったカメラモジュールの販売は世界初となる。

[ITmedia]
Photo 仏Variopticの液体レンズ・オートフォーカスカメラモジュール「AFCM MI285」

 仏Variopticは1月19日(仏時間)、液体レンズ・オートフォーカスカメラモジュール「AFCM MI285」を販売開始すると発表した。

 AFCM MI285は、Variopticの最新オートフォーカス液体レンズ「Arctic 416」を使用した、200万画素のカメラモジュール。カメラ付き携帯電話の設計需要に最適化されている。

 同社の液体レンズは、屈折率の異なる2種類の液体間の境界面の形状を変化させることで、機械的な動作なしに形状を変えることが可能。モジュールの大きさは8.5(縦)×8.5(横)×7.6(高さ)ミリ(2006年2月の記事参照)

 AFCM MI285カメラモジュールは同社が契約するアジアの有力パートナー会社で、Arctic 416レンズはCreative Sensorの中国・無錫工場で製造。量産価格は、5万個発注時の単価で16ドル。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -