速報
» 2007年03月14日 21時22分 公開

東芝、携帯アプリの開発生産性を向上するBREWフレームワークを発表

[ITmedia]

 東芝ソリューションは3月14日、携帯アプリケーション開発の生産性を向上させるBREWフレームワークを開発したと発表した。

 今回開発されたフレームワークは、開発方法論とテンプレート、PC上でデバッグ可能な携帯電話シミュレータといった開発ツールのほか、企業向けアプリケーションに必要なソフトウェア部品群であるモバイル対応共通部品から構成されている。モバイル対応共通部品は、サーバ連携、セキュリティ連携やBluetooth連携など、業務端末に必要な機能を提供しており、アプリケーションの生産性向上に寄与するという。

 同社は今後、開発ツールの強化、モバイル対応共通部品の強化を行っていく予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -