インタビュー
» 2016年02月10日 08時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(消える仕事公演):人工知能と外国人に、私たちの仕事は奪われてしまうのか (6/6)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

未来は暗い、それとも

yd_work6.jpg

土肥: 人工知能によって多くの仕事がなくなる。人口が減って、さまざまなサービスが低下する。頼みの綱だと思っていた外国人はやって来ない。明るい未来がないじゃないですか。

寺田: いえいえ、そんなことはありませんよ。「人工知能によって自分の仕事がなくなってしまうかもしれない。不安だ」と感じていらっしゃる人も多いかもしれませんが、人口が減るので人手不足に陥りますよね。

土肥: あ……。

寺田: 人手不足の状態なので、働く場所がない……といった不安を感じる必要はないでしょうね。

土肥: ちょっと安心。

(終わり)

連載が本になりました!:

yd_sasaru.jpg

 連載「仕事をしたら○○が見えてきた」が、『ササる戦略』(三才ブックス)というタイトルで書籍化されました。

 「なぜミニストップのソフトクリームは真似されないのか?」「50年以上前に発売された『スーパーカブ』が、いまも売れている理由」など、業界が注目する12社から“ヒットの法則”を紹介しています。

 ビジネス書が苦手……という人でも大丈夫。商品を開発した人はどのような苦労があったのか。その商品を売る人はどのような工夫をしたのか。マーケティングや消費者の行動などを分かりやすく解説していますので、オススメの1冊です!

 →『ササる戦略』(Kindle版


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間