連載
» 2017年05月03日 07時35分 公開

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:何歳になってもピンチがあれば成長できる (2/5)

[LINA,ITmedia]

ロサンゼルスに決めたわけ

 さて、念願の留学です。せっかくなら行ったことのないヨーロッパに行こうかな、それとも語学以外にもたくさんの刺激があるニューヨークがいいかな。いや、オーストラリアの田舎街でどっぷり英語漬けの生活を送るのはどうだろう? どこの国に行こうか、楽しみながらものすごく悩みました。

 そして、最終的に留学先に決めたのは、米国西海岸の都市、ロサンゼルスでした。

ロサンゼルスの代表的な名所、ベニスビーチにて ロサンゼルスの代表的な名所、ベニスビーチにて

 ロサンゼルスに初めて訪れたのは1998年、デオドラントスプレー「8×4」のCMと、シングル曲「Love impact」のMV(ミュージックビデオ)の撮影を兼ねた時でした。当時のロサンゼルスの印象は、街中で人を見掛けることが少なくて大人しい場所だなあというものでした。20代前半だった私にとっては刺激が少なく、どちらかと言うとつまらないなと感じたのです。

 それよりも、世界のエンターテインメントの最前線として刺激に満ちあふれているニューヨークに魅力を感じていました。まとまった休暇がもらえるたびに、ダンスレッスンやボイスレッスンを兼ねてニューヨークに足を運んでいました。

 それなのに留学先に選んだのはロサンゼルス。自分でも意外な選択でしたが、留学する数カ月前に機会があって久しぶりに訪れたロサンゼルスには20代の時に感じなかった魅力が満載で、とても居心地が良かったのです。ニューヨークに劣らないぐらい刺激やチャンスにも恵まれている場所なのに、ニューヨークほどせかせかしていない分、ホッとしたんです。東京と沖縄がバランスよく一つにまとまった感じだと思いました。

 年齢を重ねると自分が求めるライフスタイルも変わります。今まで気が付かなかった魅力に気付くことができました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -