連載
» 2017年05月03日 07時35分 公開

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:何歳になってもピンチがあれば成長できる (5/5)

[LINA,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ピンチこそ成長のチャンス

 こうしたピンチの数々から学んだのは、何事も経験してみないと分からないし、そこから新たな一歩が始まるということです。

 これまで日本で暮らしていて感じることはなかったのですが、米国に行って言葉のカベにぶつかり、自分の伝えたいことが相手にうまく伝えられない結果、大失敗をしました。相手に理解してもらえないもどかしさに苛立ちも感じましたが、だからこそ英語力を身に付けないとならないと思ったし、物おじするのではなく自分の意見を最後まで主張する強さを持つべきだと感じました。ピンチこそ成長するチャンスなのです。

授業の様子 授業の様子

 きっと20代になったばかりの自分だったら恐いもの知らずで、トラブルさえも楽しめたんだろうと思いますが、今の私は、一人暮らしも長く、揺るぎない価値観も持っています。だからこそ、自分にとっての居心地の良さ、自分らしさを最優先にするべきなのです。今回の留学では、憧れだけに縛られるのは自分自身にとって決して好ましいことではないということに気付かされた良い機会となりました。

著者プロフィール

LINA(リナ)

1977年2月26日生まれ。沖縄県那覇市出身。1995年、4人組ボーカルダンスグループ「MAX」としてデビュー。1996年発売のサードシングル『TORA TORA TORA』でブレイク。1997年に『Give me a Shake』でオリコン初登場1位を獲得。その後も『Ride on time』など数々のヒット曲を発表。紅白歌合戦に5年連続5回出場。近年はバラエティなど、ソロでも活躍の場を広げている。

オフィシャルブログ「Lips」

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -