ニュース
» 2018年02月16日 06時30分 公開

文具の定番「クリップ」が“楽に開ける” 100年ぶり進化の理由「業界のスタンダード」目指す(2/2 ページ)

[濱口翔太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ユーザーの声で「レバーの改善」決めた

 またプラスは、2017年前半に顧客調査も実施。「レバーが指に当たると痛い」といった意見が出たことから、レバーの形状も改善すると決め、1年弱にわたって新製品の開発を進めてきた。

 「従来品の構造を精査し、てこの原理に改善の余地があることを把握。支点の位置を調整し、レバーを楽に動かせる位置を突き止めた。レバーの形状は、指との接着面積を広げてフィット感を高め、食い込みを緩和することを意識した」

photo 「エアかる」の構造
photo 進化した「エアかる」のレバー

「業界のスタンダード」目指す

 こうした経緯で世に出る「エアかる」は既に特許出願済みだ。藤原氏は「プラスの企業理念は『新しい価値で、新しい満足を』。この製品も、当社独自の価値として世の中に提供していく」と意気込む。

 「着眼点を変えるだけで“クリップは進化が難しい”との常識を変えられた。『エアかる』を業界のスタンダードにしたい」

photo 1915年に米国で特許登録された際のクリップ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -