特集
» 2018年03月27日 07時00分 公開

なぜ沖縄の離島でデジタル医療改革が進んでいるのか?人口8000人の町を舞台に(2/4 ページ)

[伏見学,ITmedia]

患者データを研究に生かせる

 こうした動きは副次的な効果をもたらしている。離島のような過疎地域での医師不足という課題解決の一助になりそうなのだ。

 現在プロジェクトのために医師が琉球大学から久米島病院に勤務先を移しているが、4月からは2人目が久米島病院に行くという。当初は交代する予定だったのが、最初に転籍した医師が久米島で勤務を続けたいという希望があり、結果的に増員という形になったのである。

久米島病院(出典:久米島病院のWebサイト) 久米島病院(出典:久米島病院のWebサイト

 離島勤務を希望する医師はとても少ないのが現状だが、研究という立場になると、医師の意欲が変わるようだ。医師にとって患者のデータをそのまま自身の研究に生かせるのは大変魅力的なことのようで、今後もこうした医師が出てくることが期待される。過疎地域にLHRシステムを導入することで医師不足が解消できるのではないかという可能性も感じる。

 実際、県内外のさまざまな自治体からLHRシステムに対する引き合いが増えているそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -