ニュース
» 2018年04月19日 17時00分 公開

スカッと発散 強い刺激の炭酸水、競争激しく“直飲み”が広まる(2/2 ページ)

[加納由希絵,ITmedia]
前のページへ 1|2       

炭酸水“直飲み”を広めた「ウィルキンソン」

 炭酸水の分野でトップを走るのが、アサヒ飲料の「ウィルキンソン」だ。バーなどを中心に使われてきたが、11年にペットボトル商品を全国発売。炭酸水の直接飲用を広めてきた。販売量は08年から10年連続で増加しており、17年は前年を22%上回った。右肩上がりの成長を続けている。

 4月10日には新商品「ウィルキンソンタンサン ドライ」を発売。スパイシーなフレーバーを加えることで、すっきりとした辛口の味わいに仕上げた。ウィルキンソンの購入が増えている20代男性の好みに合わせたという。

photo アサヒ飲料「ウィルキンソンタンサン」。右端が新商品「ウィルキンソンタンサン ドライ」

 コカ・コーラシステムも、3月末に強炭酸水を発売した。炭酸飲料「カナダドライ」ブランドの新商品「ザ・タンサン」だ。強い刺激とキレのある味わいによる「おいしさ」が特徴だという。リフレッシュしたいときや、何かを始めるキックオフの瞬間など、強い爽快感を感じたいときを飲用シーンとして想定している。

 さらに、「強い炭酸」以外にも広がりがある。ダイドードリンコは4月、無糖炭酸水「miu炭酸水」に、機能性表示食品「miu炭酸水プラス」を追加。「食事から摂取した糖や脂肪の吸収を抑える機能」「お腹の調子を整える機能」があり、食事中の飲用を提案。健康志向の高まりに対応している。

photophoto コカ・コーラの「ザ・タンサン」(左)と、ダイドードリンコの「miu炭酸水プラス」

 飲み方や種類が広がってきた無糖炭酸水。強い刺激と健康志向という異なるニーズを取り込むことで、市場はさらに広がっていきそうだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -