ニュース
» 2018年08月21日 12時42分 公開

bitFlyer USAも参加:米大手仮想通貨取引所、自主規制機関設立に向け始動 9月にミーティング開催

ウィンクルボス兄弟が設立した米仮想通貨交換所Geminiは、米国の仮想通貨市場を監督するための自主規制機関設立などについてを検討するミーティングを9月初めに開催する。

[中澤彩奈,ITmedia]

 ウィンクルボス兄弟が設立した米仮想通貨交換所Geminiは、米国の仮想通貨市場を監督するための自主規制機関設立などについてを検討するミーティングを9月初めに開催する。Gemini率いるVirtual Commodity Association(VCA)のメンバーとして、大手仮想通貨取引所のBitstampとBittrex、bitFlyer USAも参加する予定だ。

 CCNが報じた。

photo ウィンクルボス兄弟=CCNより

 9月のミーティングでは仮想通貨業界におけるガイドラインの草案を策定し、自主規制機関の常任理事を選出する。正式な常任理事が決まるまではマリア・フィリパキス氏が暫定的に常任理事を務めるという。

 フィリパキス氏は過去にニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)で副執行監督者を務め、「BitLicense」として知られるニューヨーク州で施行されている仮想通貨事業に関する規制のフレームワーク策定などに携わった経験を持つ。

 「VCAはデジタル資産業界の規制環境や顧客保護に関するルールを強化し、最善の措置の設定と透明性を確保することで業界を成長させるだろう」と、フィリパキス氏は意気込む。

 Geminiでリスク管理を担当するユスフ・フセイン氏も「これはデジタル資産市場の監督における最初の一歩でもあり、規制当局からの要請に対する解決策でもある」と、9月の会合に期待を寄せた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -