ニュース
» 2018年08月30日 11時31分 公開

ラプンツェルやベルも:ディズニー公認ウエディングドレス、第3弾は「ティンカー・ベル」「白雪姫」 (1/4)

クラウディアホールディングスが、ディズニー公認ウエディングドレスの第3弾を発表。「ティンカー・ベル」「白雪姫」などをモチーフとした全18種類。11月1日から予約受け付けを開始する。

[ITmedia]

 ウエディングドレスメーカーのクラウディアホールディングスは8月29日、「ディズニー ウエディングドレスコレクション」の第3弾を発表した。ウォルト・ディズニー・ジャパンとライセンス契約を締結した公認のドレスで、「ティンカー・ベル」「白雪姫」などをモチーフとした全18種類。11月1日から全国のホテルやドレスショップで予約受け付けを開始する。

photo ディズニーのウエディングドレス第2弾を発表 (C)Disney

 第2弾のテーマは「フェアリーテイル(おとぎ話)」。ティンカー・ベルと白雪姫のほか、『塔の上のラプンツェル』のラプンツェル、『美女と野獣』のベル、『眠れる森の美女』のオーロラ姫をイメージしたウエディングドレス12種類とタキシード6種類をラインアップする。

 ショップへの卸販売ではなく、リース形式で展開する。レンタル価格はウエディングドレスが30万円〜、タキシードが10万円〜。

photo ティンカー・ベルがモチーフのウエディングドレス(C)Disney

 「ディズニープリンセス」がテーマの第1弾(2017年11月発表)、「ディズニーキャラクター」がテーマの第2弾(18年3月発表)と合わせ、コレクションは計68種類となった。第1弾は、販売目標の約2倍を売り上げるなど大きな反響があったという。

 同社は「反響を踏まえ、今後さらにコレクションを充実させてまいります」としている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -