ニュース
» 2018年09月10日 19時49分 公開

3日間の営業停止に:長野県のモスバーガーで食中毒、4人が「O121」感染 「お客さまに直接おわびしたい」

長野県上田市内の「モスバーガー」で食中毒事故が発生。8月20日に同店舗を利用した4人の客が、腸管出血性大腸菌O121に感染した。同店舗は9月10日から3日間の営業停止処分が課された。

[ITmedia]

 ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは9月10日、長野県上田市内のフランチャイズ店舗「モスバーガー アリオ上田店」で食中毒事故が発生したと発表した。8月20日に同店舗を利用した4人の客が、腸管出血性大腸菌「O121」に感染したという。

photo モスバーガーの公式Webサイト

 長野県上田保健所は同店舗に対し、9月10日から3日間の営業停止処分を課した。処分の対象は、フランチャイズ運営元のアオキエンタープライズ(東京都渋谷区)。

 モスフードサービスは「4人はハンバーガー類を食べたが、共通する特定の食材が含まれていたかどうかは断定できない。感染の経緯は、現在調査中」(広報IRグループ)と説明。

 4人の客は現在、快方に向かっているという。モスフードサービスは「個人情報保護の観点から、保健所から客の氏名などは伝えられていないが、可能であれば直接おわびしたい」と話している。

photo モスバーガーによる発表

 同社は「施設や食器、調理器具の洗浄・消毒を全国の店舗で実施するとともに、調理マニュアルの再点検、従業員の健康状態確認の徹底など、適切な再発防止策を講じます」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間