ニュース
» 2018年09月13日 16時10分 公開

部品の強度不足:SUBARU「レガシィ」12万台リコール パーキングブレーキが作動しない恐れ

SUBARUは「レガシィ」の電動パーキングブレーキに問題が見つかったとして、計12万6230台をリコール。

[ITmedia]

 SUBARU(スバル)は9月13日、「レガシィ」の電動パーキングブレーキに問題が見つかったとして、計12万6230台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。電動パーキングブレーキが作動しなかったり、意図しない挙動をしたりする恐れがあるという。

photo 5代目「レガシィ」

 リコール対象はレガシィ1車種で、2009年4月〜14年9月に製造した計12万6230台。

 電動パーキングブレーキのコントロールユニットにおいて、部品製造時の基板やセンサー部品の取り扱いが不適切だったことから、強度不足になっているものがあるという。そのため、該当する部品が搭載された車両を使用していると、部品が破損し、警告灯が点灯して電動パーキングブレーキが作動しない、あるいは低速走行時に運転者が意図しない瞬間的なパーキングブレーキ作動が起きる恐れがある。

 対象の全車両について、電動パーキングブレーキを対策品に交換する。これまでに243件の不具合報告があったが、事故は発生していないという。

photo リコールの対象箇所(出典:国土交通省

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間