ニュース
» 2018年09月21日 13時03分 公開

人手不足解消へ:福山通運、「働き方改革」で日曜日の集荷・配達を中止 10月から

福山通運が「働き方改革」の一環で日曜日の集荷・配達を取りやめる。新規顧客には10月1日から、契約済みの顧客には2019年1月1日から適用する。運送業界の人手不足を踏まえた施策。

[ITmedia]

 福山通運は9月21日、「働き方改革」の一環で、日曜日の集荷・配達を取りやめると発表した。新規顧客には10月1日から、契約済みの顧客には2019年1月1日から適用する。運送業界の人手不足を踏まえた施策で、「今後も引き続き安全・安心な輸送サービスを提供し続けるため」だとしている。

photo 福山通運の公式Webサイト

 全国に計400カ所ある支店・営業所は、基本的に日曜日も営業し、顧客による荷物の持ち込み・受け取りには対応していく方針。ただ、持ち込んだ荷物の発送は翌日となるほか、受け取れる荷物は前日までに届いているものに限られる。

 日曜日に閉鎖する店舗も一部あるため、同社は「(適用後は)あらかじめ支店・営業所の営業状況をご確認の上でお越しください」と呼び掛けている。

photo 福山通運による発表(=ニュースリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -