ニュース
» 2018年10月05日 16時09分 公開

“無料提供”で誘導:人気ゲーム「Fortnite」のプレイヤー狙うマルウェア発見 ビットコインなど搾取か

米ネットセキュリティ企業Malwarebytesが、人気ゲーム「Fortnite」のユーザーをターゲットにしたマルウェアを発見。ビットコイン情報などが搾取されるリスクがあるという。

[中澤彩奈,ITmedia]

 米ネットセキュリティ企業Malwarebytesはこのほど、PCや「PlayStation 4」用の人気ゲーム「Fortnite(フォートナイト)」のユーザーを標的にした、ビットコイン搾取用のマルウェア(不正などのために作成されたソフトウェアやコードの総称)を発見したと発表した。

 YouTube上にアップロードされているゲーム攻略動画などに、同タイトルで使用できるアイテムなどを「無料で提供する」と書かれた文言と、マルウェアを仕掛けたWebサイトに誘導するリンクが貼られている例があった。

 こうした動画には、削除されるまでに12万回以上も再生されているものや、投稿後1日ほどで2200回以上再生されているものがあったという。後者のチャンネル登録者数は700人を超えていたとのことだ。

phot 誘導目的でYouTube上にアップロードされた動画(=Malwarebytesの公式Webサイトより)

 誘導リンクをクリックすると「Sub2Unlock」と称する別のWebサイトに遷移。そこでダウンロードボタンを押すと、さらに別のWebサイト「BT FORTNITE CHEATS」へと移行する仕組みになっている。

phot さらに別のWebサイトに誘導される(=Malwarebytesの公式Webサイトより)

 同Webサイトは見栄えよく作り込まれており、ユーザーを信じ込ませる工夫がされている。ページ上では「攻略方法が入手できる」と称したファイルをダウンロードできるが、内部にはマルウェアが仕掛けられており、ビットコインウォレットのアカウント情報などを読み取られてしまうという。

phot マルウェアが仕込まれてると思われるファイル(=Malwarebytesの公式Webサイトより)

 調査を行った時点で、ファイルは1207件ダウンロードされていた。

 この調査を担当したMalwarebytesのクリストファー・ボイド氏は、「(ゲームで)勝つことは素晴らしいが、個人情報を読み取られるリスクに冒してまでやるべきではない」と注意喚起している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ