ニュース
» 2018年11月01日 18時00分 公開

関連費用が業績圧迫:スバル、「インプレッサ」など10万台リコール エンジン停止の恐れ

SUBARU(スバル)は、エンジン部品に問題があるとして、「インプレッサ」など計4車種10万1153台をリコール。

[ITmedia]

 SUBARU(スバル)は11月1日、エンジン部品に問題があるとして、「インプレッサ」など計4車種10万1153台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。走行中にエンジンが停止する恐れがあるという。

photo スバル「インプレッサ」(4代目)

 製造期間は2012年1月〜13年9月。インプレッサ、「フォレスター」「BRZ」のほか、トヨタ自動車にOEM(相手ブランドによる生産)供給する「86」2万6804台も対象となる。

 エンジン部品のバルブスプリングの設計が不適切だったため、折れて破損することがあるという。そのため、エンジンから異音が発生するなど不調となり、最悪の場合は走行中にエンジンが停止する恐れがある。

 これまでに94件の不具合が報告されている。スバルは全車両のバルブスプリングを対策品に交換する。

photo リコールの対象箇所(出典:国土交通省

 同社は10月23日、2018年4〜9月期の連結業績について、利益予想の大幅な下方修正を発表していた。修正の主な要因としていた「品質関連費用の計上」については、今回届け出たリコール関連の費用が半分以上を占めるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間