ニュース
» 2018年11月22日 15時36分 公開

Yahoo!BBの再現か:スマホ決済PayPay、総額100億円の“ばらまき企画”開催 還元率「20%」で爆発的普及目指す (1/2)

スマホ決済サービス「PayPay」は、ユーザー向けに、100億円規模の還元策を展開する。買い物をした顧客に支払い額の20%を還元する特典などが含まれる。爆発的にユーザーを拡大する狙い。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 ソフトバンクとヤフーが折半出資する金融ベンチャーPayPay(東京都千代田区)は12月4日から2019年3月31日にかけて、スマホ決済サービス「PayPay」のユーザー向けに、100億円規模の還元策を展開する。加盟店で買い物をした顧客の残高に支払い額の20%(最大5万円)をキャッシュバックする特典などが含まれ、資本力を生かして爆発的にユーザーを拡大する狙いだ。

photo PayPayの中山一郎社長(=前列左から2番目)らが記者会見に登壇

 名称は「100億円あげちゃうキャンペーン」。40回に1回の確率で、買い物額の全額(最大10万円)を残高にキャッシュバックする企画も展開する。当選率は、Yahoo!プレミアム会員であれば20回に1回、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ契約者であれば10回に1回に上昇。グループシナジーを生かして顧客獲得を加速させる。

 キャンペーンに先駆け、11月22日〜12月3日にPayPay残高に5000円以上をチャージした全ユーザーに1000円分を追加支給する施策も展開する。還元額は全てPayPayが保有する資本から拠出する。

 PayPayの中山一郎社長は「PayPayによって現金を上回るメリットを提供して(社会の)キャッシュレス化を推進したい。もっと多くの方にご利用いただけるように、ユーザー数と利用店舗の双方でナンバーワンを目指す」と意気込む。

 ただ、キャンペーン終了後も顧客を維持するための方策は「(現時点では)白紙。ユーザーや店舗の状況をしっかりみていきたい」(中山社長)としている。

photoキャンペーンの概要

無料で爆発的に広める

 PayPayは10月5日にスタート。PayPay残高、Yahoo!マネー、クレジットカードでの支払いに対応する。加盟店の規模に応じて、店舗側が示したQRコードを顧客が読み取る方法と、顧客が表示させたQRコードを店舗側が読み取る方法の2種類に対応する点が特徴だ。

 主な強みは(1)ヤフーとソフトバンクの既存顧客に直接リーチできる点、(2)SoftBank Vision Fundの投資先であるインドの決済大手「Paytm」のノウハウを活用できる点、(3)ソフトバンクで経験を積んだ営業チームを活用できる点――など。

 爆発的普及に向け、21年9月末まで決済手数料を無料、19年9月末まで入金手数料を無料としている。加盟料なども受け取っておらず、クレジットカードの決済手数料もPayPay側で負担しているという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間