ニュース
» 2019年01月22日 12時38分 公開

過去にも問題を起こしていた:韓国の仮想通貨取引所、誤って530万ドル相当の仮想通貨を無料配布 「補償を行う予定はない」

韓国の仮想通貨取引所Coinnestは1月19日に、誤って530万ドル相当の仮想通貨を顧客にエアドロップしてしまったことを明かした。サーバのエラーが原因という。

[中澤彩奈,ITmedia]

 韓国の仮想通貨取引所Coinnestは1月19日に、誤って530万ドル相当の仮想通貨を顧客に無料配布(エアドロップ)してしまったことを明かした。同取引所はWe Game Tokens(WGT)をエアドロップしようとしていたところ、サーバのエラーによりビットコインやその他の仮想通貨を配布してしまったと説明している。韓国ウォンを受け取った顧客もいたようだ。CoinDeskが報じた。

 サーバーの問題は19日には既に解消されているという。

photo Coinnest公式Webサイト

 同取引所はロールバック(障害発生前の状態に戻すこと)を行い、今回の誤った取引を取り消すことを検討しており、仮想通貨を受け取った顧客には返金するよう呼び掛けている。返金対応にかかる手数料の負担などを含め、今回の誤動作により損失を被った顧客に対して補償を行う予定はないようだ。19日時点で、半分が返ってきているという。

 だが、受け取ったビットコインなどを既に売却した顧客もいるとみられ、今後の対応が難航する可能性がありそうだ。

過去にも問題を起こしていたCoinnest

 Coinnestでは、2018年にキム・イクファンCEO(最高経営責任者)が同取引所の資金を横領した疑いで捜査当局に拘束されるなど、過去にもトラブルが発生していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間