お店のチカラ
ニュース
» 2019年04月11日 16時35分 公開

やみつきになる辛さ:「悪魔のおにぎり」がリニューアル 第2フレーバーとなる新商品も登場

累計販売数が2900万個を突破した「悪魔のおにぎり」。第2フレーバーとなる新商品が登場する。派生シリーズとして、お菓子やカップスープも同時発売する。

[昆清徳,ITmedia]

 ローソンは4月16日から「悪魔のおにぎり」(税込110円、以下同)をリニューアルする。同時に、第2フレーバーとなる「悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)」(140円)を発売する。

photo 新味の「悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)」

 悪魔のおにぎり(四川風担々麺味)は、唐辛子・辛みそ・練りごま・花椒・ラー油を加えて坦々風に味付けした肉みそを、唐辛子を混ぜ込んだごはんで包んだ商品。刺激的な辛さがアピールポイントだ。今後、第2フレーバーは毎月商品の改廃を行い、月ごとに新しい味を投入する。

 “元祖”悪魔のおにぎりは、白だしで炊いたごはんに天かす・天つゆ・ごま油などを混ぜ合わせたものだが、リニューアル後はあおさとかつお節を加える。2018年10月に発売された同商品は累計販売数が2900万個を突破するヒット商品に育った(4月10日現在)。ラインアップを増やすことで、消費者にさらなる訴求をする狙いがあるとみられる。

関連商品も発売

 悪魔のおにぎりの味をイメージした「山芳 悪魔のポテトチップス」「マスヤ 悪魔のおにぎりせんべい」「三真 悪魔のおかき」(いずれも129円)も同時に発売する。

 お菓子以外では、好みのおにぎりを入れると「悪魔のぞうすい」として楽しめる「永谷園 カップ悪魔のぞうすいの素」(108円)というカップスープを投入する。

 これまで、悪魔のおにぎりをモチーフにしたパンなどもローソンは発売している。ヒット商品の派生シリーズを出すのはマーケティングの王道だが、どこまで増殖するのだろうか。

photo 「永谷園 カップ悪魔のぞうすいの素」
photo 「山芳 悪魔のポテトチップス」
photo 「マスヤ 悪魔のおにぎりせんべい」
photo 「三真 悪魔のおかき」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -