コラム
» 2019年05月14日 05時30分 公開

マネーの達人:ネットワークビジネスに勧誘されやすい人とは? 断るために知っておきたい「勧誘手口の4ステップ」 (1/4)

ネットワークビジネスに勧誘されやすい人には4つの特徴があります。間一髪で勧誘から逃げ切った筆者の経験から、勧誘方法の4ステップと断り方を解説します。

[大岩楓,マネーの達人]
マネーの達人

 ネットワークビジネスとは、「口コミで商品を販売する商売」です。

 商品を購入した人自らが販売員となり、その販売者から商品を買った人がまた販売員となる形で、ピラミッド形の販売組織を形成します。

 ネットワークビジネスは特商法33条に定められた「連鎖販売取引」であり、違法ではありません。しかし、ピラミッドの上に行くほど利益が上がるため、強引な商品販売や販売員への勧誘を行う人もいます。

 そのことから、ネットワークビジネスは大きな社会問題となっています。今回は、そのネットワークビジネスについて解説します。勧誘されやすい人や勧誘方法、筆者の経験に基づく勧誘の断り方もお伝えします。

photo ネットワークビジネスに勧誘されやすい人とは?(写真提供:ゲッティイメージズ)

ネットワークビジネスに勧誘されやすい人

 筆者は複数回ネットワークビジネス(販売員)に勧誘されたことがあります。

 その際に勧誘者全員が「販売員に向いている人」と言ったタイプをご紹介します。

1. 真面目で責任感が強い人

 真面目な人は誰からも信用されます。そのような人が販売すると商品を買ってもらいやすく、販売員への勧誘トークにも耳を傾けてもらえる確率が高いそうです。

 また、責任感の強さから販売ノルマを達成するための努力を怠りません。その結果、高い利益にもつながりやすいです。

2. 品質へのこだわりが強い人

 意外かもしれませんが、ネットワークビジネスで販売されている商品には良質で長く使える製品がそろっています。

 筆者も20年前、販売員のママ友に頼まれて調理器具を買ったことがありますが、今も問題なく使えています。

 質にこだわる人はネットワークビジネス製品のコアなファンになりやすく、自らが商品の良さを人に伝えたいという熱意から販売員になる場合も多いそうです。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -