コラム
» 2019年05月14日 05時30分 公開

マネーの達人:ネットワークビジネスに勧誘されやすい人とは? 断るために知っておきたい「勧誘手口の4ステップ」 (2/4)

[大岩楓,マネーの達人]
マネーの達人

3. 環境問題に関心がある人

 環境問題に強い関心を持ち、できるだけ体に優しいものを使用したい人も歓迎される人材です。特に、子育てに熱心で子ども思いのママには、ネットワークビジネスの販売員が結構います。

 ネットワークビジネスの商品は、その多くが環境に配慮されています。特に、食品や洗剤は天然由来、体にも優しいことをセールスポイントとしています。

 そのような商品に傾倒した人が進んで販売員となり、近所の主婦を招いたパーティーを開いたり、販売員への勧誘を熱心に行ったりします。

4. 素直な人

 おとなしそうに見える人も、ネットワークビジネスにはまりやすい素質を持っていると判断されます。素直に商品の良さを受け入れ、多くの人にその商品を知ってもらえるよう努力するからだそうです。

 筆者はこちらに当てはまったようです。勧誘をけんもほろろに断った時、「もっと素直な人かと思っていた」と言われました。

 以上のタイプに当てはまる人はネットワークビジネスのしつこい勧誘に遭う確率が高いです。販売員らしき人には近寄らないことをおすすめします。

photo ホームパーティーやランチ会をきっかけに、商品PRや勧誘が行われることも(写真は記事と関係ありません)

ネットワークビジネスの勧誘方法

 通常、ネットワークビジネスは身近な人を勧誘します。筆者の場合は仲の良いママ友から勧誘されました。その勧誘方法については筆者の経験をもとに説明します。

1. ホームパーティーやランチに誘う

 販売員ママがホームパーティーやランチ会を企画。仲が良いママ友を誘います。

 この時点でネットワークビジネスだと気付く人はあまりいません。

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

注目のテーマ