会社の数字〜注目企業を徹底分析〜
特集
» 2019年06月17日 12時20分 公開

令和時代に稼ぐ企業はここが違う:赤字のUber GMやフォードを超える時価総額の根拠は「自動運転」 (2/4)

[hiro,ITmedia]

巨額赤字。当面は黒字化の見通しなし

 さらに、驚くべきことはUberがまだ赤字ということです。Apple、Facebook、Google(現Alphabet)、Cisco Systemsなど現在のハイテク業界をけん引する企業は、いずれもIPO時点ですでに黒字を達成していました。しかし、Uberは現在赤字な上に、当面は黒字化の見通しはありません。

 以下は大手自動車メーカー3社(トヨタ自動車、GM、Ford Moters)とUberのFY18の営業利益です。

大手自動車メーカー3社(トヨタ自動車、GM、Ford Moters)とUberのFY18の営業利益

 この通りUberは営業赤字です。しかし、投資家は赤字企業のUberに700億ドルというGMやFordを超える価値を付与しました。なぜ投資家は赤字企業のUberにこれほどの価値を認めているのでしょうか?

 それを明らかにするために、UberのIPO目論見書から同社の決算情報を洗ってみましょう。以下はUberのFY14〜FY18の売上高と営業利益推移です(FY14とFY15は未監査データ)。

UberのFY14〜FY18の売上高と営業利益推移

 売上高は年々成長していますが、利益は赤字が続いています。過去5年で一度も黒字を経験していません。

 では、何がこの赤字をもたらしているのでしょうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間