ニュース
» 2019年06月25日 17時12分 公開

会員向けにあすスタート:スタバ、日本でも「スマホで事前注文・決済」可能に まずは都内の56店舗で (1/2)

スターバックスコーヒーが、スマートフォンで事前注文・決済して、レジに並ぶことなく商品を受け取れる「モバイルオーダー&ペイ」を始める。都内の56店舗で6月26日から。

[村田朱梨,ITmedia]

 スターバックスコーヒージャパンは6月25日、スマートフォンで事前に注文・決済して、レジで並ぶことなく商品を店舗で受け取れる「モバイルオーダー&ペイ」(MOP)を東京都内の56店舗で26日から始めると発表した。スターバックスの公式アプリ(iOS/Android)を活用し、会員向けサービスとして提供。待ち時間の緩和といった顧客の利便性向上や、店舗業務の軽減などにつなげる狙い。

photo 「モバイルオーダー&ペイ」の利用イメージ

 注文できる商品は、ドリップコーヒーやスターバックスラテ、キャラメルマキアートなど定番商品約40品。ミルクの変更やホイップクリーム増量、シロップ追加といったカスタマイズも、注文時にアプリから受け付ける。注文履歴からの再注文も可能だ。

photo 利用方法は店舗などにも掲示する
photo 「モバイルオーダー&ペイ」のポイント

 利用するには、公式アプリで「My Starbucks」への会員登録とプリペイド式カード「スターバックスカード」の登録を済ませる必要がある。アプリのホーム画面から「オーダーする」をタップし、店舗と商品を選んで注文を完了すると、スターバックスカードから自動で料金が引き落とされる。

 その後、アプリには受け取り番号と待ち時間が表示され、商品が受け取れるようになると通知が届く。注文した商品には、受け取り番号の書かれたラベルが貼られているので、確認して受け取ればいい。注文は店舗の閉店2時間前ほどまで受け付ける。

 スターバックスコーヒーは2013年に韓国でMOPの導入をスタート。すでにアメリカ、カナダ、香港、中国、イギリスの6カ国で展開しており、日本でも19年上半期に導入予定だと予告していた。

 まずは都内の56店舗に先行導入し、店舗オペレーションや顧客ニーズを確認。サービスを改善しながら19年末までに300店舗に拡大し、20年末までに全国展開する計画という。

photo MOP導入計画について
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ