お店のチカラ
ニュース
» 2019年07月08日 13時53分 公開

地元密着が強み:沖縄初進出のセブンに立ちはだかる「沖縄ファミマ」という強敵 (1/2)

セブンが7月11日に沖縄県に初出店する。沖縄県ではファミマとローソンの2強体制となっている。沖縄市場を攻略するセブンの前に強敵「沖縄ファミマ」が立ちはだかる。

[昆清徳,ITmedia]

 セブン‐イレブン・ジャパンは7月11日から、全国のセブン‐イレブン2万973店(2019年6月末時点)で「沖縄フェア」を開催する。このフェアは、沖縄県産の原材料を使用した商品や、沖縄県になじみのある商品を発売するもので、2年前から実施している。7月11日にセブンが沖縄県に初出店することをすることを踏まえ、沖縄フェア史上最多のアイテム数を用意する。

 沖縄県のコンビニ市場はファミリーマートとローソンの2強体制になっている。今回、セブンが進出することで競争が激化することは容易に想像できる。中でも、地元密着で成長してきたファミマは強敵になりそうだ。

photo 沖縄ファミマの実力とは?(出所:沖縄ファミマ公式ウェブサイト)

セブンの並々ならぬ“やる気”

 フェアの内容はどのようになっているのだろうか。対象商品はおむすびから炭酸飲料まで多岐にわたる。例えば、沖縄県を除く全国で発売する商品には、「もち麦タコライスおむすび」(135円、税込み、以下同)がある。これは、沖縄で定番となっているタコライスをイメージした商品で、サルサソースには、フレッシュトマトとホットソースを使用している。コクのある味付けが特徴的だという。その他、「厳選米むすび沖縄風豚みそ」(124円)、「ねぎ塩豚カルビ 果汁ソース別添」(429円)、「豚角煮チャーハン」(550円)などをそろえた。

 沖縄県でも発売するのは、「オリオンドラフト 限定デザイン」(350ミリリットルで221円)、「明治 果汁グミ シークワーサー」(142円)、「辛さ7倍カラムーチョ ホットチリ味 島唐辛子」(160円)などがある。

 こういった商品ラインアップからは、セブンの並々ならぬやる気が感じられる。さらに、セブンのプライベートブランド(PB)である「セブンプレミアム」は、その商品力の高さが評価されているため、競合にとっては脅威となるだろう。

photo セブンの沖縄フェアのラインアップ(=リリースより)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ