お店のミライ
ニュース
» 2019年09月09日 13時58分 公開

10円違うメニューも:「天丼てんや」が消費増税対応を発表 「天丼」と「野菜天丼」に差

「天丼てんや」が消費増税の対応を発表した。売れ筋の「天丼(並)」などは価格を据え置き、店内と持ち帰り価格を統一する。一方で、野菜天丼などは店内価格は持ち帰りする場合より10円高い。

[ITmedia]

 ロイヤルホールディングス傘下で「天丼てんや」を展開する「テン コーポレーション」は9月9日、消費増税対応の概要を発表した。

photo 天丼(並)は価格を据え置く

 てんやで多く注文される「天丼(並)」(税込540円、以下同)や「上天丼(並)」(690円)をはじめ、単品の天ぷらやサイドメニュー、そばやうどんのセットなどは税込み価格を据え置く。また、店内で食べる価格と持ち帰り価格を同一とする。広報担当者は「天丼の並盛だけで売り上げの4割弱を占める。多くのお客さまが540円という価格に慣れているので、今回の方針を打ち出した」と説明した。

 ただ、全ての商品でこのような対応をするわけではない。例えば、野菜天丼(並で550円)は10月1日以降、店内で食べる価格を560円と値上げする一方、持ち帰りの価格は550円に据え置く。

photo 価格を据え置く商品と値上げする商品

 てんやは10月1日にメニュー改定を実施し、一部食材や本体価格の変更を行う。店内で食べる価格と持ち帰り価格が異なるメニューは、その際に“全貌”が明らかになるという。

photo 上天丼(出所:天丼てんや公式Webサイト)
photo 野菜天丼(出所:天丼てんや公式Webサイト)
photo 野菜天丼弁当(出所:天丼てんや公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集