ニュース
» 2019年11月29日 15時24分 公開

新規加盟希望者を優遇:ファミマが50万円の「加盟金」と100万円の「開店準備手数料」を廃止

ファミマが新規契約時に必要となる資金を変更する。50万円の「加盟金」と100万円の「開店準備手数料」を廃止。契約時に必要となる資金は300万円から150万円になる。

[ITmedia]

 ファミリーマートは2020年2月1日から、新規加盟希望者が契約時に必要となる300万円(税別)のうち、「加盟金」(50万円)と「開店準備手数料」(100万円)を廃止すると発表した。契約時に必要な資金は「元入金(両替金や商品代金の一部になる)」(150万円)になる。

新規加盟を促進する狙いか?(写真提供:ゲッティイメージズ)

 ファミマは、全国の加盟店と共に成長・発展していくことを目指し、19年4月に加盟店支援の「行動計画」を策定。11月14日には「新たな加盟店支援及び本部の構造改革」を決定していた。

契約時必要資金の「変更前」と「変更後」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -