3分Biz.
ニュース
» 2019年12月09日 14時40分 公開

試用段階:“食べられる”コーヒーカップが登場 一部空港ラウンジと航空機内サービスで

食べられるコーヒーカップが登場。ニュージーランド航空が試験的に導入。どのような素材でできているのか。

[ITmedia]

 ニュージーランド航空は、一部機内と空港ラウンジで“食べられる”コーヒーカップの提供を試験的に開始したと発表した。

機内で提供している

 広報担当者によると、このコーヒーカップの素材は小麦、砂糖、卵、バニラエッセンスだという。パリパリとした食感が特徴で、コーヒーを注いでから最大8時間利用できる。このカップは、ニュージーランドとオーストラリアを結ぶ一部の路線と、特定の空港内のラウンジで提供されている。つまり、一般的なコーヒーカップとして使う分には問題ない。

 ニュージーランド航空は、1年当たり800万杯以上のコーヒーを提供しており、現在は、土に還る素材で作られているカップを利用している。食べられるコーヒーカップを試験的に導入することで、環境面での配慮をさらに促進する。同社によると「バニラ味で液体が漏れないよう作られたカップは、お試しいただいたお客さまから大好評で、デザートボウルとしても使っています 」という。

 ニュージーランド航空は1940年に設立された国際航空会社で、日本からニュージーランドへの直行便を運航している。

食べられるコーヒーカップ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間