3分Biz.
ニュース
» 2019年12月12日 07時30分 公開

乾電池とスマホだけで高齢者を見守り可能に ソフトバンクが新サービス

ノバルスの乾電池型IoTデバイスとソフトバンクの「みまもりサービス」を組み合わせた新サービスが登場。リモコンの電池を入れ替えるだけで高齢者向けの見守り用機器として利用できる。

[ITmedia]

 コネクティッドバッテリー“MaBeee”(マビー)の企画・開発を行うノバルスは、12月19日より、ソフトバンクが実施する新サービス「みまもりサービス」向けに「みまもり電池」の提供を開始すると発表した。

乾電池型IoTデバイス

 ソフトバンクの「みまもりサービス」は、高齢者の見守りをスマホや電池1本で可能とする。家庭にあるテレビリモコンや照明リモコン、センサーライトなどの電池を「みまもり電池」と入れ替えるだけで、それらを見守り用機器として利用できる。

 スマートフォンや「みまもり電池」を装着した電化製品などが一定時間使用されていない場合は、システムから高齢者などの見守られる側に自動的に電話が発信される。それに対して応答がなく、安否が確認できない場合には、見守る側に異常を通知する。

サービス概要図

 基本プランの利用料金は月額980円、ワイモバイルユーザーは月額480円(いずれも税別)。見守る側が利用料金を支払う形となり、見守られる側は無料で利用できる。

 少子高齢化の進展の中、高齢者の見守りニーズがますます高まっているが、これまでの見守りシステムは重篤な介護が必要な人に向けた機器や、煩雑な設置設定が必要な見守りシステムなどが中心で、広く普及には至っていなかった。そこで、「みまもりサービス」では、離れて暮らす高齢者と家族をつなぐコミュニケーションのきっかけとなるようなサービスを目指すという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間