#SHIFT × Tech
ニュース
» 2019年12月11日 10時50分 公開

デルから米軍規格のWindowsタブレット 堅牢設計で多様な現場に対応

デルは、堅牢性が特徴のモバイルPC「Rugged」シリーズに11.6型タブレットモデルを追加、販売を開始した。米軍規格の耐久性を実現している。

[城戸芳充,ITmedia]

 デルは12月10日、堅牢性を重視した11.6型タブレットPC「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」を発表、販売を開始した。価格は19万9980円から(送料込み、税別)。

photo New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット

 過酷な環境下での利用を想定した堅牢設計のタブレットPCで「米軍規格の耐久性」をうたう。高さ1.22メートルからの落下テストや、−29℃〜63℃の低・高温環境での動作テストをクリアし、IP65準拠の防水・防塵(じん)性能も備えた。ディスプレイは直射日光下でも視認できる明るさの高輝度表示(1000nit)に対応。手袋を着用した状態でのマルチタッチ操作も行える。

 顔認証でログインできるWindows Hello対応の赤外線カメラを標準で装備するほか、オプションで指紋認証リーダーでのアクセス認証にも対応。オプションユニットは、本体の持ち運びに便利な「Dell Rigidハンドル」、ノートPCスタイルで利用できる着脱型キーボードの「キックスタンド付きキーボード カバー」、各種インタフェースを追加できるオフィス利用向け拡張ドックの「Ruggedタブレット ドック」を利用できる。

photophoto オプションのDell Rigidハンドル(左)、キックスタンド付きキーボード カバー(右)装着時のイメージ

 CPUは第8世代のCore-i3 8145U、Core i5-8365U、i7-8665Uを選択できる。メモリは8GB、ストレージは128GB M.2 NVMe SSDを標準で搭載し、IEEE 802.11ac無線LANやGPS機能も内蔵している。標準搭載OSはWindows 10 Pro 64bit。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間