3分Biz.
調査リポート
» 2019年12月18日 15時45分 公開

キャッシュレス決済が増えた県は?:貯蓄上手の福島県、お賽銭をたくさん入れる愛知県、消費増税で我慢する岩手県――47都道府県の「お金」意識が明らかに (1/2)

ソニー生命保険が発表した「47都道府県別 生活意識調査2019」の集計結果。福島県の人に倹約志向が強い傾向があり、消費増税後に買いたいものを我慢するようになったのは岩手県の人に多かった。年末年始の消費に関する予算の違いも明らかになった。

[ITmedia]

 ソニー生命保険が12月17日に発表した「47都道府県別 生活意識調査2019」の集計結果では、お金や消費に関する意識について、都道府県による違いが表れた。特に、福島県の人に、家計管理に気を配る倹約志向が強いという結果が出た。また、消費増税後に細かい節約をするようになった傾向が強いのは岩手県だった。

都道府県による「お金の意識」の違いは?

福島県民は倹約家で家計管理が得意

 お金に関する意識を明らかにするため、「自分は倹約家だと思う」に当てはまるかどうか質問したところ、最も多い71%が当てはまると回答したのが「福島県」だった。2位は「埼玉県」(69%)、3位は「愛媛県」(63%)。一方、「自分は浪費家だと思う」では、1位が「徳島県」で38%。2位が「滋賀県」(37%)、3位が「岩手県」(36%)だった。

自分は「倹約家」「浪費家」だと思うと答えた人の割合(出典:ソニー生命

 貯蓄や消費などの知識・行動に関して、「自分はマネー関連の知識が豊富だ」に当てはまると答えた人の割合は「和歌山県」が24%でトップ。2位が「福島県」「岐阜県」(23%)だった。また、「自分は家計管理が得意だ」では、1位が「福島県」で34%。2位が「福井県」(30%)、3位が「埼玉県」「東京都」(29%)だった。

 さらに、福島県は「自分は貯蓄上手だと思う」でも1位(39%)だった。福島県では、自分を倹約家だと評価し、実際に知識を吸収して上手にやりくりしている人が多いことがうかがえる。

「マネー関連の知識が豊富」「家計管理が得意」と答えた人の割合(出典:ソニー生命

 今年の年末年始の消費行動についても聞いた。忘年会予算の全国平均は5419円。平均額の1位は「宮崎県」の7865円、47位は「青森県」の2970円だった。クリスマスプレゼント予算は全国平均が6112円。1位の「東京都」が8650円で、47位の「埼玉県」が3836円だった。

 20年のお年玉予算は、全国平均8460円に対し、1位は「沖縄県」で1万3160円、47位は「宮城県」で5575円。初詣で入れるお賽銭の金額は、全国平均が286円。1位の「愛知県」は694円で、47位の「山形県」が91円だった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間