ニュース
» 2019年12月18日 15時42分 公開

荷主と旅行者を仲介:海外旅行のついでに“おつかい”で稼ごう 「HAKOBIYA」が日本での展開に本腰 (3/3)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

トラブル対策は?

 有名ブランドのバッグを買ってきてほしいと依頼したのに、ニセモノをつかまされた――こういったトラブルが発生したらどうするのか。この点についてPicUAppは、依頼者と渡航者の間で交わされたチャットの履歴などをもとに、両者のやりとりに介入し、解決を図るとしている。また、PicUAppの中川COOは「免許証の画像をアプリにアップロードしてもらうといった対策も考えている」と今後の方針を語った。

 現時点では、依頼者が渡航者に対して、事前に買った商品の画像を送ってもらったり、商品の引き渡しの際にお店のレシートを持参するように要求したりして、不正を減らすような工夫が当事者間で行われているようだ。

 「HAKOBIYA」は今後、日本だけでなく世界各地にサービスを広げようとしている。ユーザーとして、留学生や研修生だけでなく、安く海外旅行を済ませたい大学生やビジネスパーソンも獲得したい考えだ。

ターゲットユーザー
日本でのマーケティングにも取り組む
ベトナムに無料で行けるというキャンペーンも展開
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間