3分Biz.
ニュース
» 2020年01月20日 14時22分 公開

外食業界にも深夜営業見直しの波:ガストやジョナサンの24時間営業廃止へ すかいらーくHDが人手不足受け決断

[ITmedia]

 すかいらーくホールディングスは1月20日、同社が運営する「ガスト」や「ジョナサン」など566店舗の深夜営業時間を短縮する方針を明らかにした。うち155店舗については、現在行っている24時間営業を4月までに廃止する。

photo プレスリリースより

 同社は1972年から24時間営業の店舗を展開しているが、深夜の客足減少や従業員の働き方の変化などを受け、2012年ごろから営業時間の見直しを進めていた。17年には約600店舗の深夜営業時間を短縮している。今回の取り組みでさらに深夜営業の見直しを進め、今後は来店者の多いランチやディナーの時間帯に人手を集中させる考えだ。

photo 営業時間を短縮するのはガスト、ジョナサン、バーミヤンなど566店舗

 ファミリーレストランチェーンでは、他社に先駆けて「ロイヤルホスト」が17年に24時間営業を廃止している。近年は人手不足の深刻化もあり、深夜営業の短縮や年末年始休業などに取り組む飲食チェーンが増えてきた。同様の課題を抱えるコンビニ業界でも、営業時間の見直しが進んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -