ニュース
» 2020年01月29日 10時21分 公開

沖縄旅行のキャンセル1万3000人超 キャンセル料も取れず、新型肺炎の影響拡大

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は28日、沖縄県内を訪れる観光客のキャンセル数が1万3000人を超えたと発表した。

[沖縄タイムス+プラス]
沖縄タイムス

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は28日、沖縄県内を訪れる観光客のキャンセル数が1万3000人を超えたと発表した。キャンセル数はさらに増加する見通し。豊見城市内であった、観光関係団体で構成する沖縄ツーリズム産業団体協議会で、参加団体へ報告した。

 OCVBの調べによると回答のあった旅行会社6社の内、28日時点で団体ツアー58件約1630人が沖縄への旅行を取りやめた。クルーズツアーは4件約1万2000人がキャンセルした。

 また、旅行関係団体もキャンセル数を取りまとめている。全国旅行業協会(ANTA)県支部によると、加盟120社中、回答のあった14社の3月末までの中国客のキャンセル数は合計で3240人だった。

マスクを着けて、国際通りを歩く外国人観光客=28日午後、那覇市(下地広也撮影)

 日本旅行業協会(JATA)沖縄支部の調査では、加盟21社中14社から回答があり、キャンセル数は合計で324人だった。

 一方で、沖縄から中国へのツアーキャンセルも相次いでおり、ANTA・JATA両支部の合計で約1200人となった。

 ANTA県支部の崎山喜孝支部長は「ツアーのキャンセル料も請求できず旅行社にとっては大きな痛手だ。県やOCVBは具体的な対策を示してほしい」と先行きを懸念した。

Copyright © The Okinawa Times All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間