マーケティング新世界
ニュース
» 2020年03月30日 18時20分 公開

社会不安、大災害時並みに:「ロックダウン(都市封鎖)は〇日から」――新型コロナデマ、4月1日に悪化の恐れ (1/2)

新型コロナ関連のデマが悪質化している。特にここ数日はロックダウン(都市封鎖)の内容が浮上。専門家は「大災害時に似た内容になっている」と指摘する。

[服部良祐,ITmedia]

 感染や経済への打撃が拡大し続けている新型コロナウイルス問題。混乱や被害を更に助長しているのが、口コミやSNSによるデマの拡大だ。特にフェイクニュースが毎年急増する4月1日のエイプリルフールを前に、専門家は「地震のような大災害時の状況に既に近くなっている」と警戒を呼び掛けている。

photo 「新型コロナで都市封鎖」のデマが駆け回っている(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

「政府情報筋」「民放各社に通達」……もっともらしい“情報源”

 「先ほど確かな方から下記の情報が入りました。民放各社にも連絡が入ったようで、 明日の晩に安倍総理の緊急会見があり、4月1日からロックダウンという発表があるとのこと」。いま、TwitterやLineなどではここ数日、東京などの「都市封鎖(ロックダウン)」が決まったとするデマ拡散が止まらない。

photo Specteeが警鐘を鳴らす新型コロナのデマの例(同社公式サイトから引用)

 AI(人工知能)を活用した災害情報サービスを手掛けるSpectee(スペクティ、東京・千代田)の村上建治郎社長は「タイミングは(3月25日の)小池百合子都知事による緊急会見や(28日の)安倍首相の会見前後から。特に26〜27日あたり以降、こうしたまだ不確定なロックダウンについて断定する内容のデマが出回り始めた」と分析する。

 村上社長によると、こうしたデマはTwitterの他にLine上でチェーンメールのように出回っているという。加えて、「政府関係者からの確かな情報筋」「民放各社に通達が既に行っている」などともっともらしい情報源を装っているのも特徴という。

 「この現象は、北海道地震などで起きたデマとよく似た構図。当時も『自衛隊の話によると、あそこで断水や停電が起きる』といった偽の情報が出回った。“枕詞”にもっともらしい公的機関などを付けてつぶやいている」(村上社長)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間