お店のミライ
ニュース
» 2020年04月20日 09時48分 公開

広がる「巣ごもり消費」 コンビニで最も売れた“超定番”の冷凍食品とは? ローソンのデータから分析老若男女に支持された

新型コロナの感染拡大を受けて巣ごもり消費が強まる。コンビニではどんな冷凍食品が売れたのか。ローソンが販売数ランキングを公開。

[ITmedia]

 ローソンは4月17日、冷凍食品の販売数ランキングを公開した。新型コロナウイルスの感染が拡大し、巣ごもり消費の傾向が強まる中で、どのような商品が売れたのだろうか。

炒飯が人気

 2020年4月1日〜4月14日の販売データを集計すると、最も売れた冷凍食品は「炒飯」(税込138円、以下同)で、「焼餃子」(149円)、「フライドポテト」(130円)、「海老ピラフ」(138円)、「たこ焼」(226円)と続いた。

4月1〜14日の冷凍食品販売数ランキング

 炒飯は老若男女に幅広く支持されている。4月1〜14日の冷凍食品の販売数ランキングを性年代別で分析すると、20〜50代の女性と10〜70代の男性が最も多く購入しているのが炒飯だった。

4月1〜14日の冷凍食品販売数ランキング(性年代別)

 冷凍食品の販売数が最も増えた日は3月26日だった。3月19〜25日の平均販売数と比較すると約1.5倍になった。特に、東京都は2.6倍、神奈川県は1.9倍だった。

 3月26日に最も売れた冷凍食品は「炒飯」で、「海老ピラフ」(138円)、「讃岐うどん 2食入」(129円)、「高菜ピラフ」(138円)、「焼餃子」(149円)と続いた。直前1週間のランキング1位も炒飯だったが、2位と3位はそれぞれ焼餃子とフライドポテトだった。外出自粛ムードが高まる中、主食となるご飯や麺類が上位に入った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -