3分Biz.
調査リポート
» 2020年04月27日 16時42分 公開

新型コロナで「将来の家計に不安」は7割、おこづかいはどうなった?

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、将来に不安を感じている人も多いのでは。明治安田生命の調査によると、「家計に不安を感じる」人は7割。どんなことに不安を感じているのかというと……。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、将来の家計に不安を感じている人はどのくらいいるのだろうか。20〜70代の既婚男女に聞いたところ「不安を感じる」と答えたのは71.1%に達していることが、明治安田生命の調査で分かった。

 「不安を感じる」と答えた人に、その理由を尋ねたところ「給与・収入の減少」(62.2%)がトップ。次いで「日用品・衛生用品などの備蓄品購入にかかる支出の増加」(46.7%)、「疾病にかかる医療費の増加」(42.5%)と続いた。

「将来の家計に不安を感じる」と答えた人に、その理由を聞いたところ……(出典:明治安田生命)

 夫婦のおこづかいの金額を聞いたところ、全体の月平均額は、昨年から1696円減の2万6384円。2018年以降2年連続で伸びていたが、マイナスに転じた。夫婦別にみると、妻はほぼ横ばいとなった一方、夫は約4000円減少し3万3720円。「昨年10月の消費増税に加えて新型コロナ感染拡大への不安からか、リーマンショック時以降最大の下がり幅となった」(明治安田生命)

おこづかい金額の推移(出典:明治安田生命)

 希望するおこづかい金額を質問したところ、全体では3万4854円。実際の金額と約8500円の差があった。夫婦別でみると、夫は4万3881円と実際の金額と約1万円、妻も2万5828円と約7000円の開きがそれぞれあった。

 インターネットを使った調査で、20〜79歳の既婚男女1620人が回答した。調査期間は4月2日から9日まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間