日本を変える「テレワーク」
調査リポート
» 2020年04月26日 08時26分 公開

テレワークをしてみて、管理職の3割は「さみしい」 (1/2)

新型コロナの感染拡大を受けて、テレワークを導入している企業が増えてきた。自宅などで働くビジネスパーソンは、どのように感じているのだろうか。あしたのチーム調べ。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワークを導入している企業が増えてきているが、自宅などで働くビジネスパーソンはどのように感じているのだろうか。

 直近1カ月以内に週1日以上テレワークをしている人に、テレワークをしてみて感じたことを聞いたところ、管理職は「通勤時間がない分、読書や勉強などスキルアップの時間が持てる」(37.8%)、一般社員は「人間関係のストレスがなく気楽」(36.7%)がそれぞれ1位であることが、あしたのチームの調査で分かった。

テレワークをして、管理職の人が感じたこと(出典:あしたのチーム)

 管理職の2位は「人とのコミュニケーションがなくさみしい」(30.6%)、次いで「仕事態度に緊張感がなくなった」(25.5%)、一般社員の2位は「仕事態度に緊張感がなくなった」(28.0%)、次いで「通勤時間がない分、読書や勉強などスキルアップの時間が持てる」(25.3%)だった。

 この結果について、あしたのチームは「テレワークで人と会う機会が減り、管理職は『さみしい』、一般社員は『ストレスがなく気楽』と感じていることが分かった。周囲の目がなくなることで『仕事態度に緊張感がなくなった』と感じるのは管理職も一般社員も同様のようだ」と分析している。

テレワークをして、一般社員が感じたこと(出典:あしたのチーム)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間