お店のミライ
ニュース
» 2020年04月28日 13時44分 公開

お客や従業員を守るため:ローソンが「トイレ・ごみ箱・灰皿」の使用を一時休止 使用済みマスクが捨てられている実態に不安の声

ローソンが「トイレ・ごみ箱・灰皿」の使用を一時休止する。お客と従業員の安全のため。セルフレジの活用も一方で進める。

[ITmedia]

 ローソンは4月28日、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、店舗でトイレ・ごみ箱・灰皿の使用を一時休止すると発表した。

新たな感染拡大予防策を発表

 トイレは入口の扉や便座など接触する箇所が多く、密閉された空間なので感染リスクが高い場所とされている。また、使用済みマスクや飲食後の容器といったように、お客の口や鼻に触れたものがごみ箱に捨てられている。

 店頭に設置してある灰皿は、吸い殻を捨てるために設置しているが、喫煙所として利用されている実態もある。喫煙者の吐く息に不安を感じる声がお客から寄せられているという。

 3つのサービスを一時休止する一方で、お客からセルフレジを利用したいという声が多数寄せられている。そのため、全店舗に設置しているセルフレジの活用をさらに進めていくという。

大手コンビニはレジにビニールシートを設置している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間