3分Biz.
ニュース
» 2020年05月11日 13時18分 公開

5月12日から:ファンケルがマスクの販売を開始 新たな高機能マスクの開発にも着手

ファンケルが自社ECサイトでマスクの販売を開始する。同社の会員と一般客が購入できる。新たなマスクの開発に着手していることも明らかにした。

[ITmedia]

 ファンケルは5月12日、自社ECサイト「ファンケル オンライン」で不織布マスクの販売を開始する。

「不織布マスク 大人用」(税込3590円)

 販売するのは「不織布マスク 大人用(サイズ:175×95mm、50枚入り)」(税込3590円、以下同)、「不織布マスク 女性・子供用(サイズ:145×95mm、50枚入り」(3590円)、「不織布マスク 大人用中国語パッケージ(サイズ:175×95mm、50枚入り:個包装)」(3190円)の3種類。国際的なマスクの争奪戦や原料資材の高騰のため、今回の価格設定にしたという。マスク不足の解消が販売の目的なので、6月30日の注文までは送料を同社で負担する予定。

「不織布マスク 大人用(中国語パッケージ)」(3190円)

 同社の会員に対しては、5月12日からメールなどで「不織布マスク 大人用」と「不織布マスク 女性・子供用」の販売開始を案内する。一般客に対しては、5月12日の午前10時から「不織布マスク大人用 中国語パッケージ」の事前登録を受け付ける。注文可能になった時点で、登録したメールアドレスに連絡する。

 1人でも多くの人にマスクを届けるため、1回の購入は各3箱までとする。転売や買い占め防止のため、不正や異常な注文があったと判断された場合には、注文をキャンセルするという。

 また、同社は新たなマスクの開発にも取り組んでいる。今秋をめどに、肌ざわりがよく保湿効果などを備えた高機能のオリジナルマスクを発売する予定だという。

ECサイトで注文を受け付ける

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間