なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
ニュース
» 2020年05月12日 13時25分 公開

大手外食チェーンはほとんど苦戦:マクドナルドに何が? 4月の客数は“減少”でも客単価が“大幅増” (2/2)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

お客の利便性向上に取り組んできた

 広報担当者によると、注文から決済までをスマートフォンアプリで事前に行える「モバイルオーダー」が1月末に全国の店舗に導入されており、4月にはこのサービスを利用したお客も多かったという。また、マックデリバリーやウーバーイーツなどのデリバリーサービスを実施しているのは約780店舗まで増えている。こういった利便性を向上する取り組みを進めたことも、まとめ買いを後押ししたのではないだろうか。

 4月の業績が好調だったその他の要因には、期間限定商品の「サムライマック」や「マックシェイクプッチンプリン」のヒットもあったという。

 コロナ禍への思わぬ“耐性”を見せたマクドナルドだが、緊急事態宣言が延長された5月の業績はどうなるのだろうか。

好調だったサムライマック(出所:マクドナルド公式Webサイト)
好調だったマックシェイクプッチンプリン(出所:マクドナルド公式Webサイト)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間