3分Biz.
ニュース
» 2020年05月27日 09時37分 公開

特別な器を使用:丸亀製麺がうどんの持ち帰り販売を開始 いなりや丼も

丸亀製麺がうどん、いなり、丼、トッピングの持ち帰り販売を開始。ショッピングセンターの店舗を中心に「うどん弁当」も販売する。

[ITmedia]

 大手うどんチェーン「丸亀製麺」を展開する丸亀製麺(神戸市)は5月27日、全国の店舗でうどん、いなり、丼、トッピングの持ち帰り販売を開始した。

販売店舗を順次拡大する(出所:丸亀製麺公式Webサイト)

 持ち帰り可能な商品は、「おろしぶっかけ(冷)」(並で税込390円、以下同)、「いなり」(110円)、「牛丼」(590円)、「温泉玉子」(70円)、「肉うどん弁当」(800円)など。うどんは、麺とだしを分けた器で提供される。

 店舗によって販売される商品が異なる場合がある。例えば、天ぷらやいなりがセットになったうどん弁当はショッピングセンターの店舗を中心に販売されるため、丸亀製麺は事前に購入可能な商品を確認するよう呼び掛けている。

 大手外食チェーンは、自宅で食事するシーンが増えていることに対応するため、持ち帰り商品を相次いで拡充している。幸楽苑は5月21日からラーメンを含むほぼ全商品を持ち帰り可能とした。サイゼリヤは4月以降、持ち帰りメニューを段階的に拡充している。

持ち帰りできるうどん
丼やトッピングのラインアップ
注文方法

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間