3分Biz.
調査リポート
» 2020年06月03日 16時34分 公開

赤字リストラ増加傾向:早期・希望退職の募集企業が急増 前年の2倍ペース

東京商工リサーチによると、2020年1〜5月に早期・希望退職者を募集した上場企業は33社。前年と比べて2倍のペースで増加している。先行型の退職者募集の増加から一転、今後は新型コロナウイルスの影響で業績不振によるリストラが増えそうだ。

[ITmedia]

 東京商工リサーチは6月2日、2020年1〜5月に早期・希望退職者を募集した上場企業が33社だったと発表した。前年同期は17社だったことから、2倍のペースで増加している。昨年から、将来を見据えた先行型の退職者募集が増加していたが、今後は新型コロナウイルスの影響から、業績不振によるリストラが増えそうだ。

新型コロナの影響もあり、早期・希望退職の募集企業が増加(写真提供:ゲッティイメージズ)

 早期・希望退職者の募集が5月までに30社を超えたのは、13年以来7年ぶり。19年は年間で35社だったため、20年は5カ月でその水準まで増えたことになる。

 33社を業種別にみると、「繊維製品」が5社で最多だった。19年10月の消費増税、暖冬といった事業環境の悪化に加えて、新型コロナによる店舗休業などの影響が重くのしかかっている。民事再生法の適用を申請したレナウンのほか、オンワードホールディングス、片倉工業、オーミケンシ、東海染工が退職者を募集した。

 他の業種では、「輸送用機器」が4社、「電気機器」「精密機器」「サービス」が各3社だった。

民事再生法の適用を申請したレナウンは300人程度の希望退職者を募集(出典:プレスリリース)

 また、新型コロナの影響で早期・希望退職者の募集を開示した企業は5社。そのうち、ラオックス、HANATOUR JAPAN、ベルトラの3社は外国人観光客の減少が影響している。残り2社は、自社製品の需要減を見込む岡本硝子と、広告出稿の減少が影響したぱどだった。

 20年の退職者募集の傾向をみると、直近の決算が赤字の企業が目立つという。33社中15社が赤字を計上している。東京商工リサーチは「業績堅調な企業の人員削減(黒字リストラ)以上に、業績不振による従来型の“赤字リストラ”による退職者募集が増えてきた」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間