ニュース
» 2020年06月09日 15時50分 公開

帝国データバンク調査:「コロナで既に業績マイナス」企業、6割突破――旅館・ホテルなど深刻

コロナで業績に「既にマイナスの影響がある」と回答した企業が6割超に。帝国データバンクが調査。「家具類小売」「旅館・ホテル」などの業種で顕著。

[ITmedia]

 帝国データバンクは全国の企業に5月、アンケートを実施したところ「コロナで業績に既にマイナスの影響がある」との回答が62.8%に上った。2月以降行っているコロナについての同調査で、初めて6割を突破した。

photo 企業の業績へのコロナの悪影響が続いている(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

 調査は同社が全国の約1万1900社に5月18日〜31日に実施した。10業界51業種が対象。

 まず、コロナと自社の業績の関係について「マイナスの影響がある」(「既にマイナスの影響がある」「今後マイナスの影響がある」の合計)と回答した企業は86.1%となった。前月より2.7ポイント減少したものの、3月以降80%台と高水準で推移している。

photo 新型コロナによる企業への影響(帝国データバンク調査)

 上記の「マイナスの影響がある」と回答した企業の比率を業界別に見ると、「卸売」が88.4%で最多となった。次いで「不動産」(88.3%)、「運輸・倉庫」(87.2%)と続いた。「金融」(78.2%)を除く全業界で、8割超の企業がマイナスの影響を見込む結果となった。

photo 新型コロナが「業績にマイナス影響」と回答した企業の業界別比率(帝国データバンク調査)

 さらに細かい業種別にみると、「家具類小売」「旅館・ホテル」で「マイナスの影響がある」との回答率が100%となった。前者は3カ月連続、後者も2カ月連続で100%となっており、コロナの影響の長期化が伺える。「繊維・繊維製品・服飾品小売」(97.1%)、「娯楽サービス」(96.8%)が続いた。

photo 新型コロナが「業績にマイナス影響」と回答した比率上位の10業種(帝国データバンク調査)

 調査で企業からは「今後においても売り上げの増加は見込めないため、無駄な仕入れをしないように注意したい」(埼玉県の婦人・子供服卸売)、「早く収束しないと死活問題」(大阪府の旅館)といった痛切な声が上がった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間