連載
» 2020年07月15日 07時00分 公開

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:インドのTikTok禁止と表現の自由 (1/4)

インド政府が、動画投稿アプリTikTokをはじめ59種類の中国製スマートフォンアプリの利用を禁じた。インド政府の命令に従い、AppleとGoogleはスマートフォン向けアプリストアから問題とされたアプリを取り下げた。TikTokもサービス提供を中止した。この事件は、単なる2国間の対立というだけでは収まらない問題を含んでいる。インターネット上の人権――表現の自由――という新しい概念と、国家の利害とが衝突しているのだ。

[星暁雄,ITmedia]

 インド政府が、動画投稿アプリTikTokをはじめ59種類の中国製スマートフォンアプリの利用を禁じた。インド政府の命令に従い、AppleとGoogleはスマートフォン向けアプリストアから問題とされたアプリを取り下げた。TikTokもサービス提供を中止した。この事件は、単なる2国間の対立というだけでは収まらない問題を含んでいる。インターネット上の人権――表現の自由――という新しい概念と、国家の利害とが衝突しているのだ。

TikTok禁止のカードを背景に、中国に抗議するインドの老婦人(写真 ロイター)

 インド政府はTikTokなど中国製アプリを禁止する理由として、「インド国民のプライバシーに関わる情報が国外に持ち出されている」と主張する。TikTok側はインド政府の命令に従いサービスを停止したが、ビジネスの再開と拡大を求めるコメントを出した。それとは別に、独立系NGOからインターネットの自由を守る観点からの「異議申し立て」も出てきた。

国境紛争の後、インドは中国アプリ59種類を禁止

 インド政府の中国アプリ排除の背景には、両国の関係悪化がある。2020年6月16日、ヒマラヤ山脈に近い国境地帯でインドと中国の両軍が領有権をめぐり衝突、インド側に20名の死者が出た(BBCの記事)。国境をめぐり両国は何十年もにらみ合いを続けていたが、過去45年以上にわたり死者は出していなかった。衝突では銃は使われず、釘(くぎ)を打ったこん棒や有刺鉄線を巻いた石が武器として使われたと伝えられている。

 それから約2週間後、インド政府から中国アプリ禁止命令が出た。6月29日、インド政府の情報技術省(The Ministry of Information Technology)は、「インドの主権と完全性、インドの防衛、国家の安全と公の秩序を害する活動に従事している59種のアプリを禁止することを決定」したと発表した(インド政府のプレスリリース)。59種類のアプリのリストには、筆頭にTikTokが記され、そのほかUC Browser、Baidu map、WeChat、Weiboなどのアプリが名を連ねている。インド政府は「インドの国民のプライバシーに関わる情報が国外に持ち出されている」とも主張した。この発表には、情報技術省のほか内務省のインドサイバー犯罪調整センター(The Indian Cyber Crime Coordination Centre, Ministry of Home Affairs)からの勧告も出た旨が記されている。

 インド政府のプレスリリースには国境紛争への言及はないが、この命令を見た人々の多くは「これは国境紛争への報復措置だ」と考えたことだろう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -