3分Biz.
ニュース
» 2020年07月16日 11時12分 公開

混雑を避けた乗車に活用:「リアルタイムの混雑情報」提供サービスを拡大 JR東日本、東海道線や横須賀線など

JR東日本は、車内の混雑情報をほぼリアルタイムで提供するサービスの対象路線を拡大した。時差通勤など、混雑を避けた乗車に活用してもらう。

[ITmedia]

 JR東日本は7月15日、車内の混雑情報をほぼリアルタイムで提供するサービスの対象路線を拡大した。これまでは山手線のみでサービスを提供してきたが、首都圏の主な路線の情報を提供できるようにした。時差通勤など、混雑を避けた乗車に活用してもらう。

JR東日本アプリで、リアルタイム混雑情報の提供範囲が拡大(プレスリリースより)

 混雑情報の提供は、スマートフォンの「JR東日本アプリ」から実施している。各路線の「列車走行位置」を表示する画面で、走行中の列車を示すマークをタップすると、約5分前の混雑状況が表示される。

 混雑状況の表示は「座席に座れる程度です」「ゆったり立てる程度です」「すこし混み合っています」「肩がふれあう程度です」「かなり混み合っています」の5段階。

 新たに情報提供を開始したのは、東海道線、横須賀線・総武快速線、湘南新宿ライン、中央本線など19の線区。

7月15日からリアルタイム混雑情報の提供を開始した線区・区間(プレスリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -